活用術ブログ

活用シーン紹介5「湿度が下がってきたら加湿器をONにしたい」

2016/11/29更新

就寝中など、加湿器をタイマーなどで切ってしまうと朝起きた時に喉やお肌が乾燥してしまう、
だけど付けっぱなしは電気代もかかるし、湿度が上がりすぎるとカビや結露の原因にもなってしまいます。
赤外線リモコン付きの加湿器をお持ちなら、eRemoteとeSensorで湿度が下がってきたら自動的に加湿器をON、または湿度が上がり過ぎたら自動的にOFFにすることができます。
eSensorには湿度センサーが搭載されており、お好きな湿度でON、OFFの設定が可能です。
また、リモコン機能が無い加湿器でも近日発売予定のePlugを設置するとeRemoteで電源をON/OFFすることができるようになります。ePlugには消費電力測定機能やオート省電力機能もありますので節電にも役立ちます。